2015年10月5日月曜日

Android - DrawerLayoutとAppBarLayout

Androidのバージョンによって、画面の見え方が結構違うので、合わせるのが大変です。

バージョンを幅広く対応させるためにSupport Library等を使用することになるのですが、動作は問題ないけど、Styleまでは吸収してくれないので、余計なところに時間がとられます。

特に、テーマにTheme.AppCompat.Light.NoActionBar等のTheme.AppCompatがからんでくると、さらに複雑になってきます。


今回は、DrawerLayoutについて。

DrawerLayoutを使用してNavigationViewを開くと、画面が暗くなりますが、DrawerLayout内でAppBarLayoutを使用すると、画面が暗くなりません。

対応方法はあるとは思うのですが、今回は、LinearLayoutを使用して応急処置しました。

DrawerLayoutで言えば、Androidのバージョン5以降では、ThemeやStyle、ActivityやFragment、Viewなんかのbackgroundが透過されているとNavigationViewが開いた際、開いた右側の影が出ませんでした。

この解決方法は、まだ見つからず。
とりあえずの応急処置として、NavigationViewに枠線をつけて区切りが見えるようにしました。これはこれで、すっきりした感じになったので、結果オーライ。


IEのバージョンの違いにも振り回されてきましたが、これからはAndroidでもバージョンの違いに振り回されるようになるのかな。


こんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿